「探索・利活用のためのガイドライン」に関すること

空き家・空き地に関する書籍などを読んでいますと、所有者の所在の把握が難しい土地
に関する話が出てきます。

(参考文献)
令和3年民法改正・不動産登記法改正対応 所有者不明土地と空き家・空き地をめぐる法律相談
永盛雅子、井川憲太郎 共著
新日本法規
p.194より

「探索・利活用のためのガイドライン」が参考になると記載あり。

国土交通省ホームページ
探索・利活用のためのガイドライン
※2023年4月15日閲覧

ガイドラインの第1章「一般的な所有者情報の調査方法」に触れられています。
とても、参考になるかと思います。

➀登記情報の確認
➁住民票の写し及び戸籍の附表の写しの取得
➂戸籍の取得(法定相続人確認のため)
➃現地周辺での聞き取り調査

➀~➃の情報を丹念に確認していき、居住確認が出来れば土地所有者の特定に至るという
地道な作業が必要となります。

関連商品

  1. 遺贈寄付に関すること

    今回は、「遺贈寄付」についての記事となります。

  2. (改訂)エンディングノートに書くこと

    今回は、「エンディングノートに書くこと」についてのリニューアルした記事となります。

  3. 「(改正民法)所有者不明土地関連」を紐解く

    今回は、「(改正民法)所有者不明土地関連」の記事となります。

  4. 「戸籍法の一部を改正する法律(令和6年3月1日施行)」に関すること

    今回は、「戸籍法の一部を改正する法律(令和6年3月1日施行)に関すること」の記事となります。

  5. 相続トラブルとならないために

    今回は、「相続トラブルとならないために」についての記事となります。

  6. 空き家増抑制へ課税強化 改正法施行、活用促進も

    今回は、「空き家増抑制へ課税強化に関すること」の記事となります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る