「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること

本来、自分が読んだ業務系の書籍は、あまり投稿はしません。
記事に「参考・引用」していたりいます。

今回、紹介したい(本当は、紹介していただいた)書籍は、
「大阪弁護士会/遺言・相続センター運営委員会 編」遺言相続の落とし穴【改訂版】 
こちらになります。

大阪弁護士会より
※鈴木重光先生におススメいただいたものとなります。

本当に困っているお客様の目線でテーマ別に記載されています。
金額も、「1,364円+税」とリーズナブルでもあります。

当然、読んでも困ったら、弁護士に相談という流れは仕方ないと感じます。
専門家に相談する流れを払拭することは、どの様な書籍を読んでも容易ではないことが多いようにも感じます。
しかし、何もせずに先送りにするのは、お勧めはできません。

遺言書作成、遺産分割協議書や相続手続きの支援は行政書士でも対応することが出来ます。
・紛争性のあるもの:弁護士
・不動産登記、相続放棄等:司法書士
・相続税、贈与税等:税理士
業際が存在しますので、適切にコーディネートをすることも可能です。

どうぞ、今後に起こり得ることを確認していだたき、健康な内に情報収集や段取りを整えておくことが良いと考えます。

関連商品

  1. 「空き家再生診断士」に関すること

    今回は、「空き家再生診断士に関すること」の記事となります。

  2. 『遺留分の認定』に関すること

    今回は、「遺留分の認定に関すること」の記事となります。

  3. 相続周辺のお悩みごとについて

    今回は、「相続周辺のお悩みごと」についての記事となります。

  4. 「遺言執行者」に関すること

    今回は、「遺言執行者に関すること」の記事となります。

  5. 『後見契約や介護契約』に関すること

    今回は、「後見契約や介護契約に関すること」の記事となります。

  6. 「未来の空き家に備える」に関すること

    今回は、「未来の空き家に備えるに関すること」の記事となります。

ページ上部へ戻る