『相続でもめる家族の特徴10選』というものが挙げられていました。

今回は、相続に関する記事となります。

参考:相続会議 朝日新聞社運営のポータルサイト

兄弟仲が悪い、疎遠
遺産がほとんど実家しかない
遺産に不動産が含まれている
・介護の負担が偏っている
・高額な生前贈与が行われた
・特定の相続人が財産管理している
・不公平な遺言書が遺された
・前婚の子ども、認知された子どもが相続人になっている
・親が事業をしていた
・被相続人に内縁の配偶者がいる
※記事の文言をそのまま抜粋をさせていただいております。

私もピンクのマーカーのご相談に乗る機会があります。
複数の相続人がいらっしゃる場合、お金などは、「平等」に分けられるところはあります。
しかし、不動産はなかなかうまくはいきません。

「紛争」となりますと、弁護士さんのフィールドとなります。
お早めにご相談されることを推奨いたします。

しっかり話し合う
遺言書を作成する
・家族信託を利用する
・後見制度を利用する
・弁護士に相談する
※記事の文言をそのまま抜粋をさせていただいております。

「紛争」に陥らない為に、予防という観点で行政書士として、お力になれることはあると考えています。
上記記事にもある通り、しっかりとお話を伺い、適したご提案を差し上げます。
日々、状況が変化する部分もありますので、見直しを含めてのご提案となるケースが多いです。

関連商品

  1. 「遺品整理士」に関すること

    今回は、「遺品整理士に関すること」の記事となります。

  2. 「財産管理業務」に関すること

    今回は、「財産管理業務に関すること」の記事となります。

  3. 「相続に関する税金ルール改正のポイント」に関すること

    今回は、「相続に関する税金ルール改正のポイントに関すること」の記事となります。

  4. 相続放棄と相続分の放棄についての考察

    今回は、「相続放棄と相続分の放棄」についての考察の記事となります。

  5. 数次相続に関すること

    今回は、「数次相続に関すること」の記事となります。

  6. 「認知症と相続」に関すること

    今回は、「認知症と相続に関すること」の記事となります。

ページ上部へ戻る