『GPT-5』に関すること

最近、『GPT-5』に関する記事を目にします。
GPT-5(Generative Pre-Trained Transformer 5)は、自然言語処理における最先端のAIモデルのこと。

やはり、気になることは何が変わるのか?
というところではないでしょうか?

Reinforz Insight のこちらの記事を参照させていただきました。
Reinforz Insifht

以下は、抜粋となります。改行はさせていただいております。

GPT-5の新機能と改善点
OpenAIの最新の言語モデル、GPT-5は、その前身であるGPT-4から多くの改善と新機能を受け継いでいます。
これらの進化は、AIが人間の言語を理解し、生成する方法に革命をもたらすことが期待されています。
このセクションでは、GPT-5が持つ新機能と主な改善点について掘り下げていきます。

GPT-5における新機能の紹介
GPT-5は、より高度な理解とより自然な言語生成を可能にするために、いくつかの新機能を導入しています。
これには、文脈理解の向上、より精密な言語生成、新しい言語や方言への対応力の強化などが含まれます。
また、GPT-5は、ユーザーの意図をより深く理解し、それに応じた回答を生成する能力も備えています。
これにより、よりリアルタイムで対話的なコミュニケーションが可能になります。

GPT-4との比較:何が変わったのか
GPT-4と比較して、GPT-5は特に理解力と生成能力の面で大きな進歩を遂げています。
GPT-5は、より広範なデータセットでトレーニングされ、特に複雑な文脈や長い会話でも、その意図を正確に捉えることができます。また、
生成されるテキストの自然さと正確さも向上しており、人間と区別がつかないレベルのテキストを生成することが可能になっています。

この記事は、今後の課題と展望についても触れています。
・倫理的な使用
・バイアスの削減
・透明性の向上
を挙げられていました。

今後、更なる進化はされていくと思いますが、制約が進化を遅らせることは考えられます。
全てAI任せとなるのか?その辺りは利用者である私たちが決めることは変わらないと思います。
AIから導かれた回答を鵜呑みにするか?しないか?
自らが考えるより、良い回答をされるケースもあると思いますし。
無視は、出来ない話ではないでしょうか?

関連商品

  1. 「Google Bard」と「chatGPT」の違いを各々に尋ねました

    今回は、「Google BardとchatGPTの違いを各々に尋ねました」の記事となります。

  2. 『共同親権制度』に関すること

    今回は、「共同親権制度」に関することについての内容となります。

  3. 「公営墓地、合葬墓」に関すること

    今回は、「公営墓地、合葬墓に関すること」の記事となります。

  4. 生前贈与「7年前」まで相続財産に加算って?

    今回は、「生前贈与『7年前』まで相続財産に加算って?」の記事となります。

  5. 『墓じまい』に関すること

    今回は、「墓じまいに関すること」の記事となります。

  6. chatGPTに記事を書いてもらってしまいました

    今回は、chatGPTに「相続に関する被相続人となる方向けの記事を書いて」とお願いをしてみました。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る