数次相続に関すること

数次相続とは、「被相続人が亡くなった後、遺産分割協議をせぬままに相続人が
亡くなってしまい、次の相続が開始された状況のこと」になります。

例えばの簡単な例で考えてみますと、
被相続人 太郎さんは奥さん 花子さんと結婚し、その間に長男 一郎さんと二男 二郎さん
が生まれました。
(第一次相続)
太郎さんには、甲土地(時価xx円)及び預金(xx円)を遺して、亡くなりました。
(第二次相続)
遺産分割をせぬまま、花子さんが亡くなくってしまいました。
花子さんの財産は、乙土地(時価xx円)でした。

その際に、長男 一郎さん、二男 二郎さんが取りうる行為は、この様になろうかと
考えます。

➀ 亡くなった太郎さん、花子さんに遺言書があるか?ないか?
☆今回は、共に遺言書がなかったケースとさせていただきます。
☆配偶者の税額軽減の適用はないものとさせていただきます。
➁ 遺された財産を確認します。
➂ どのように財産を分配するかを決めます。
 作成において、遺された長男 太郎さん、二男 二郎さんを相続人として、協議の上、
 作成することになります。
 <事例において> *オーソドックスな例となります。
 - 太郎さんの甲土地 一郎さん
 - 太郎さんの預金  一郎さんと二郎さんで1/2ずつ
 - 花子さんの乙土地 二郎さん
 と遺産分割を協議の上で、決める必要があります。
➃ 話し合った内容に従い、遺産分割協議書を作成します。

気になるところ?
・太郎さんの甲土地について、花子さんを経由する必要があるのか?
⇒ 原則は、花子さんを経由する必要がありそうです。数次相続においては、例外が
 あるようです。司法書士さんにご相談されることをお勧めします。

今回は、数字相続の雰囲気を確認いただくことを念頭においていますので、
具体的な遺産分割協議書の書き方については触れません。
ご了承ください。

関連商品

  1. 「相続放棄」に関すること

    今回は、「相続放棄に関すること」の記事となります。

  2. 「生命保険と相続においての注意点」に関すること

    今回は、「生命保険と相続においての注意点に関すること」の記事となります。

  3. 『おひとりさまが親友に全財産を遺贈したい』20240706時点(3)

    非定期的に、「このような場合はどうなるの?」を実施していきたいと思います。 その第3回目となります。 若干、フォーマットを変更させていただいております。

  4. 『相続放棄が増加する中での空き家問題』の記事より

    今回は、「相続放棄が増加する中での空き家問題」の記事についての内容となります。

  5. 「実家の相続を放棄したい理由」に関すること

    今回は、「実家の相続を放棄したい理由」に関することについての内容となります。

  6. 「認知症と相続」に関すること

    今回は、「認知症と相続に関すること」の記事となります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る