遺言書で生命保険の受取人は変更できる?

先日、セミナーに参加していて、気になった質問について自分なりに調べてみました。

遺言書で生命保険の受取人は変更できるのか?
保険法 44条Ⅰ、Ⅱにこう書いています。

◆保険法

(遺言による保険金受取人の変更)
第四十四条 保険金受取人の変更は、遺言によっても、することができる。
2 遺言による保険金受取人の変更は、その遺言が効力を生じた後、保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ、
これをもって保険者に対抗することができない。

この条項から、遺言書で生命保険の受取人を変更することは出来そうです。
しかし、44条Ⅱにある通知を保険者(保険会社ですね)にしないと効力は発生しないとも書かれています。

故に、遺言書で保険金の受取人となったら、相続開始後に保険会社に通知する手続きが必要になります。
それをしないと、当初の保険金受取人に支払われてしまうことになります。

個人的には、不一致は避けるべきであり、遺言書作成の時点で、受取人の不一致が確認された場合は、
保険会社に受取人変更をしておいた方が、後の憂いにはならないと考えます。

色々と事情もあっての事かと思いますが、火種は早いうちに消しておくことかと思います。

関連商品

  1. 「外国人の遺言」に関すること

    今回は、「外国人の遺言に関すること」についての記事となります。

  2. 「chatGPT」に関すること

    今回は、「chatGPTに関すること」の記事となります。

  3. 遺言書の付言事項について

    今回は、「遺言書の付言事項について」の記事となります。

  4. 『認知症の父親の介護をして欲しい』場合の遺言書(文例)

    今回は、「認知症の父親の介護をして欲しいの遺言書について」の記事となります。 記しているものは、あくまで文例となります。

  5. 自筆証書遺言を書いてみる

    今回は、「自筆証書遺言を書いてみる」についての記事となります。

  6. 『遺言の解釈』に関すること

    今回は、「遺言の解釈に関すること」の記事となります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る