遺言書に関すること

『終活』の最後は、亡くなった後の相続を円滑に行い、残されたご家族様を無用な
争いを予防するために準備しておくものが『遺言書』となります。

遺言書が作成できる年齢は、15歳以上となります。
作成は何度でもし直すことが可能です。
複数の遺言書がある場合は、基本的に日付の新しいものが有効となります。

<遺言書作成の準備から完成まで基本的な流れ>
➀ 自分の相続人と相続分、遺留分を確認(相続人調査)
➁ 自分の財産の状況の確認(財産調査)
➂ 具体的な遺言内容を決定
➃ 遺言書の下書き
● ケース(自筆証書遺言)
➄ 遺言内容を確認(専門家に確認いただくのが望ましい)
➅ 遺言書の清書
➆ 遺言書を保管(法務局に預ける制度もあります)
● ケース(公正証書遺言)
➄ 遺言書の下書きを持参し公証人と打合せ
➅ 証人2名の立会いいただき、公正証書を作成
➆ 遺言の正本と謄本を公証人からいただく

他には「秘密証書遺言」等がありますが、今回の説明から割愛いたします。
遺言書はご本人様の意思を残すためにあるので、元気な時に作成することが
良いと考えます。費用がかかるケースもありますが、書き直しも可能なので。
今のご自身の思いが変化することもあるかと思います。作ったら終わりということも
ありません。定期的に確認することもありかと思います。

関連商品

  1. 「遺言の撤回」に関すること

    今回は、「遺言の撤回に関すること」の記事となります。

  2. 『相続紛争防止へ有識者議論』に関すること

    今回は、「相続紛争防止へ有識者議論に関すること」の記事となります。

  3. 『遺言の解釈』に関すること

    今回は、「遺言の解釈に関すること」の記事となります。

  4. 「chatGPT」に関すること

    今回は、「chatGPTに関すること」の記事となります。

  5. 『認知症の父親の介護をして欲しい』場合の遺言書(文例)

    今回は、「認知症の父親の介護をして欲しいの遺言書について」の記事となります。 記しているものは、あくまで文例となります。

  6. 遺言書の付言事項について

    今回は、「遺言書の付言事項について」の記事となります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る