「遺品整理士の活動」に関すること

遺品整理士の審査を合格し、改めてどういう事を習うものなのか?
参考:遺品整理士認定協会のホームページより

〇遺品整理士の活動
1.残された思いを、ご遺族へ
高齢者の孤立死などの問題により、高まる需要に対応していく”遺品整理業”を十分に理解し、
さらに”供養” に対する認識を持ち、想いのこもる品々を取り扱える専門家としての活動を
行っていきます。
⇒ 社会問題として、高齢者の孤立死などの問題について、書かれています。
遺された(遺された)方への思いを踏まえて、正しい認識を持つことの重要性について、
触れられています。

2.正しい知識・正しい対応
廃棄物やリサイクル品の取り扱いに関する各法規制を学び、遺品整理業特有の事項に対して
正しい知識を持ち、それにともなった正しい処理を行うことを目的とします。
⇒ よくテレビなどで不正投棄のニュースを見かけたりします。廃棄物やリサイクル品の
正しい扱い方、知識を学びます。
この前、テレビを買い替えをした際にとても苦慮しました。遺品整理とのスケールが
違いますが、何でもかんでもとは行かない状況となります。

3.実務の流れ
実際に行われた業務の事例より、実務に向けた心構えや留意点を理解することで、より円滑に
作業を行うことが可能となります。
⇒ かなり、丁寧に解説がありました。ご相談の後にどの様にお願いをしたら良いのか?
考えさせられました。

4.遺品整理業界の健全化
「遺品整理士」の資格認定により、遺品整理業に一定のガイドラインを定め、その中で
各種関連法令を遵守する必要性の指導に努めることで、遺品整理業界の健全化をはかります。
⇒ こちらについては、行政書士も同様にコンプライアンス(法令遵守)の指導なども
図られているところです。

5.行政の働きかけ
これから、「遺品整理士」の資格を持っている人に、行政が優先的に仕事を発注するように、
全国で働きかけがはじまっております。全国で問題になっている高額請求や不法投棄などの
撲滅のため、「遺品整理士」の活動がはじまっております。

6.遺品整理士としての動画イメージ
遺品整理TV

個人的にインプットをしていて、強く感じたところは、「遺品整理」は「不用品回収」ではない。
当たり前であると思いますが、その仕訳が重要であると考えます。
私も遺品整理の経験があります。
その当時は、この考え方が無かったので、本当に良かったのか?自問自答することもありますね。

関連商品

  1. 資産目録について

    今回は、「資産目録について」の記事となります。

  2. 「空き家再生診断士」に関すること

    今回は、「空き家再生診断士に関すること」の記事となります。

  3. 尊厳死宣言書に関すること

    今回は、「尊厳死宣言書」についての記事となります。

  4. 「尊厳死と安楽死」に関すること

    今回は、「尊厳死と安楽死に関すること」の記事となります。

  5. 『非典型財産の相続実務』に関すること

    今回は、「非定型財産の相続実務」に関することについての内容となります。

  6. (改訂)死後事務委任契約に関すること

    2022年6月5日、2022年6月18日の『死後事務委任契約』に関する記事を見直したものとなります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る