相続トラブルとならないために

個人的にとても知りたいと思うことを記事にしていきたいと思います。

資産が少ない方の場合、相続トラブルの心配はないのだろうか?

実際はと言いますと、(令和2年度『司法統計年報』)
1,000万円以下 2,017件 / 5,807件 34.7%
5,000万円以下 2,492件 / 5,807件 42.9%

あながち心配ありませんとは言いにくい数字かと思いました。

トラブルの要因となるのは、大体が『不動産』の様です。
<相続人が複数存在している前提>
・現金化しにくい(すぐに売却できるものであれば良いですが)
・等分にしにくい
これ以外にもご家族の問題もあろうかと考えます。

「相続」が「争続」とならないように、生前にやっておくことがあろうかと思います。
行政書士として、生前整理サポートなどのご相談をさせていただくことが出来ます。

お気軽にこちらのフォームにお問合せください。
お問い合わせフォーム

誠心誠意対応いたします。

参考:「自分と家族の生前の整理と手続き 弁護士と税理士が教える最善の進め方Q&A大全」文響社

関連商品

  1. 「戸籍法の一部を改正する法律(令和6年3月1日施行)」に関すること

    今回は、「戸籍法の一部を改正する法律(令和6年3月1日施行)に関すること」の記事となります。

  2. 「尊厳死と安楽死」に関すること

    今回は、「尊厳死と安楽死に関すること」の記事となります。

  3. 『海洋散骨アドバイザー』という資格に関すること

    今回は、「海洋散骨アドバイザー」という資格についての内容となります。

  4. 「ホームロイヤー契約」に関すること

    今回は、「ホームロイヤー契約に関する子」の記事となります。

  5. 『おひとりさまが死後の遺品整理を頼みたい』場合の対応について

    おひとりさまが死後の遺品整理を頼みたい場合についての内容となります。

  6. 『共有地の問題が発生するケース』について

    今回は、「共有地の問題が発生するケース」の記事となります。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る