chatGPTに記事を書いてもらってしまいました

今回は、手を抜いてchatGPT3.5(無償版)を利用して、記事を書いてもらいました。
プロンプトには、以下のキーフレーズのみ。
キーフレーズ:「相続に関する被相続人となる方向けの記事を書いて」
実行時期:2023/11/25 14:30頃
※今回は、chatGPTの出力した回答に手を加えていません。(改行、インデントのみ)

タイトル: 「相続の手続きと注意点:被相続人の方へのガイド」

はじめに
相続は、大切な遺産や財産を受け継ぐ重要なプロセスです。被相続人となる方にとって、正しい手続きを理解し、注意点を把握することが不可欠です。
この記事では、相続手続きの基本的な情報と、スムーズな相続を進めるためのポイントについてご紹介します。

1. 相続手続きの基本
 1.1 相続開始のタイミング
   相続手続きは、亡くなった方(被相続人)が亡くなった瞬間から始まります。まずは遺産や財産がどのように分かれるかを理解することが重要です。

 1.2 遺言書の確認
   被相続人が遺言書を残している場合、その内容を確認しましょう。遺言書があると、遺産分割がその内容に基づいて進行します。

 1.3 法定相続分と遺留分
   法定相続分とは、法律で定められた相続人に与えられる権利のことです。また、遺留分は、法定相続分を超える財産の一部を特定の相続人に分け与える制度です。
  これらの概念を理解しておくと、相続分の計算がスムーズになります。

2. 相続手続きの進め方
 2.1 戸籍謄本と印鑑証明の取得
   相続手続きを進めるには、被相続人と相続人の戸籍謄本と印鑑証明が必要です。これらの書類を取得しておくことで、手続きが円滑に進みます。

 2.2 税金の申告と納付
   相続には贈与税や相続税がかかる場合があります。適切な申告と納付が必要なので、税金に関する専門家と協力しましょう。

 2.3 相続登記の申請
   相続が確定したら、不動産などの財産を相続人名義に変更するために相続登記を行います。これにより、財産の管理がスムーズになります。

3. 注意点とアドバイス
 3.1 専門家の協力
   相続は専門的な知識が必要な場合があります。弁護士や税理士などの専門家と協力して、正確かつ効果的な手続きを進めましょう。

 3.2 遺産分割協議書の作成
   相続人間でトラブルが生じないよう、遺産分割協議書を作成することを検討しましょう。これにより、将来的な問題を回避できます。

 3.3 継続的な情報収集
   法律や税制の改正があるたびに、相続に関するルールも変わることがあります。定期的に最新の情報を収集し、相続計画を見直すことが重要です。

まとめ
 相続は感情的な時期でもありますが、正確で計画的な手続きが重要です。適切なサポートを受けつつ、被相続人としての権利を守り、遺産を有効に管理していくことが大切です。

正直、低いレベルのキーフレーズで、一発でこの内容になるとは、なかなかかと思いました。
若干、無機質な感じが否めないところがあります。
最近、読んでいた書籍を参考に、試してみました。
きちんとした情報を提供すれば、更に磨きがかかるようです。
まとめが粋ですよね。

しかし、いつも思うに、難しい内容を問う場合は、本当に正しいのかを見極める必要があります。
自己責任は拭えません。叩き台としてブラッシュアップしていくのが現時点では正しい利用方法
なのだと毎回思わされます。

関連商品

  1. 「死生学」に関すること

    今回は、「死生学に関すること」の記事となります。

  2. 「認知症と意思能力」に関すること

    今回は先週に引き続き、「認知症と意思能力に関すること」の記事となります。

  3. 「Google Bard」と「chatGPT」の違いを各々に尋ねました

    今回は、「Google BardとchatGPTの違いを各々に尋ねました」の記事となります。

  4. 『GPT-5』に関すること

    今回は、「GPT-5に関すること」の記事となります。

  5. 『SDGs経営』について考える

    今回は、「SDGs経営について考える」の記事となります。

  6. 『ALS患者に対する嘱託殺人事件判決』に感じたこと

    今回は、「ALS患者に対する嘱託殺人事件判決に関すること」の記事となります。 日本尊厳死協会の見解に触れます。

記事作成者


特定行政書士・海事代理士
米川 政志
千葉県行政書士会葛南支部
船橋市幹事

定期的に船橋商工会議所にて、遺言書作成や相続に関する無料講座を開催しています。

《所有資格》
・遺品整理士
・認定空き家再生診断士

ページ上部へ戻る