個人ブログ

「任意後見」に関する記事を投稿しました

『終活』に関してのツールのひとつとしてある「任意後見」についての記事を投稿しました。

認知症と診断される前に手を打っておく事は、財産管理という側面では有効であると考えます。

触れてはいませんが、民事信託という選択もあると思います。様々な事情の中で、最適なご提案が出来るよう最善を尽くせるようにしていきます。

話は戻りますが、生前に備えておく事は、ご本人が健康な時に出来ることがベストであると自分は考えています。

しかし、ここまでの備えを健康な時にすることは、正直厳しいかもしれませんね。

だからこそ、行政書士として啓蒙していくしかないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  2. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  3. 【2024年6月29日開催】無料講座を行います
  4. 「終活支援サービス」に関すること
ページ上部へ戻る