個人ブログ

「行政書士実務セミナー 専門分野選択編」を読んでみて

本文とあまり関係ないですが、表紙の「行政書士」の英訳が「Certified Administrative Procedures Legal Specialist」とありました。自分は、名刺に英語を入れようと思っていた時に「Administrative scrivener」(行政上の代書人)と思っていました。実際は英語はやめました。入れなくて良かったと思いました。

内容については、PART2の部分が個人的には、色々と考えさせられるところがありました。

有名な方のやり方を少しずつでも模倣して、自分の理想像に近づけるように取り組みたいと強く思いました。

週末のイベントへの参加が更に楽しみになりました。

(再掲)

中央経済社 大野裕次郎 編著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  2. 「終活支援サービス」に関すること
  3. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  4. 【2024年4月27日開催】無料講座を行います
ページ上部へ戻る