個人ブログ

【副業ひとり行政書士の独り言】きっちり忘れている

特定行政書士の学習を進めるにあたり、以下の書籍を購入。

「特定行政書士法定研修交差 合格対策 要点解説と模擬問題」特定行政書士 岡田忠興先生

書籍中の模擬問題を取り組んでみての感想は、行政法をきっちり忘れていることに気付くことが出来ました。

直感で解いてみた結果は、不合格でしょう。(30問中17問正解)

要件事実の解き方は全く分からずでした。

まずは、

 ➀8/1~20 eLearningをまず一周(参考の書籍も読まねば)

 ➁8/20~9/15 民訴、民事事実認定、要件事実、特定行政書士の倫理を把握

 ③9/16~9/30 行政法確認(正直、覚え直し・・・ここが取れないとまずいと判断)

 (中央研究所 研修サイトの確認テストを購入しました。全問正解してはいけない様子。全問正解をするともう問題が開かなくなるとのことでした。注意しないと。アウトプットはもう少し先ですが。)

 ➃10/1~試験まで復習(考査:10/16とのこと)

*直前期は行手・行審のポイントを絞った素読はしたいと思いました。

➀を受講していく中で、➁~の学習方針は変えていく必要があるかと思います。2ヶ月半、きっちり学習しないとダメだと気付いた今日この頃です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  2. 「終活支援サービス」に関すること
  3. 【2024年6月29日開催】無料講座を行います
  4. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
ページ上部へ戻る