個人ブログ

「認知症と意思能力に関すること」の記事を投稿しました

先週に引き続き、「認知症と意思能力」を取り上げました。

正直、一定時期(60歳台になったら)に『終活』を考えるという慣習的なものとなるのが望ましいと感じる次第です。

相続人となり得る方もですが、相続人がいらっしゃらないケースも重要と考えています。

参考:「認知症高齢者をめぐる法律実務-法的リスクと相続問題-」新日本法規

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 【2024年6月29日開催】無料講座を行います
  2. 「終活支援サービス」に関すること
  3. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  4. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
ページ上部へ戻る