個人ブログ

「遺言の解釈に関すること」の記事を投稿しました

今回は、遺言の解釈によく用いられる判例をご紹介いたします。

行政書士としては、お客様のご意思に基づき、そのような事態に陥らないように

文案を作成することが大切であると考えています。

最高裁昭和58年3月18日第二小法廷判決より

話は変わりまして、先日ショックなことがありました。

お札(お金)を落としました。

お札だけです。大金では無いのですが飲みに1回は行ける額くらいでした。

お札の管理を見直すこととします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 【2024年6月29日開催】無料講座を行います
  2. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  3. 「終活支援サービス」に関すること
  4. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
ページ上部へ戻る