個人ブログ

事務所のオーナーチェンジ

2022年1月下旬から、賃貸している事務所ですが、借りてから2回オーナーチェンジをしています。

オーナーチェンジは別に構わないですが、こちらの営業に影響があることは極力避けて欲しい。

建物名称を現オーナーより、変更するというお達しが少し前に届いた。

2022年10月1日からとのこと。

影響があるところとして、

 ➀印刷系(三つ折りパンフ、名刺など)

  ⇒ 新しいものからと割り切る

 ➁登録系(日行連、商工会議所など)

  ⇒ 10/1以降、速やかに変更連絡(届)の実施 *日行連は証票があるので4,000円かかる

 ③支払系(電気など)

  ⇒ 10/1以降、速やかに変更連絡

今のところの洗い出しとしては、こんな感じですが、地味に面倒ではある。

<一応記載>

 変更前:2022年9月30日迄は、『マリーナタカケンビルNo.5』

変更後:2022年10月1日以降は、『ベルクレール拾伍番館』

当初、借りたとき(先々代)のオーナーは会社、事務所を入れていくと言っていた。

(すごく狭いけど、ひとり事務所をイメージしていた。ひとり事務所を借りる選択肢が少なかったので、助かったと当時は思いました。)

方針変更ですかね。「ビル」表記が消えました。

自分も経営者のはしくれとして、お客様の事を考えていかないといけないと思った今日この頃でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  2. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  3. 「終活支援サービス」に関すること
  4. 【2024年4月27日開催】無料講座を行います
ページ上部へ戻る