個人ブログ

新規サービスを考える

「来るものは拒まず」のスタンスが、正しいのか?

開所当時に悩んだ結果、熟考の上で、遺言、相続業務に絞った経緯があります。

(副業前提、平日日勤帯の制約を勘案して)

しかし、昨年末から、その考えが揺らいでいる状況が続いています。

 ➀遺言、相続の間口を広げる【遺品整理士(審査中)、空き家再生診断士】

 ➁違うサービスを作る【ドローンサービス(許認可除く)、著作権相談員(登録待ち)】

➁について、模索中。

今ほど先々について、悩むことは無かったです。

サラリーマンもそれなり大変ですが、大変さの質が違いますね。

しかし、これは常に抱いておくべき、思いなのかと最近は感じています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 「終活支援サービス」に関すること
  2. 【2024年6月29日開催】無料講座を行います
  3. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  4. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
ページ上部へ戻る