個人ブログ

「月刊 終活 2023年6月号」を読んでみて

特集は、「樹木葬開発の傾向を見る」という表題で、興味を持ちました。

私の父親は、次男でしたので、先祖代々というお墓も無く、信仰とかもなく、

当時、母親と相談をして、地元のお寺にあった樹木葬としました。

その後、母親もそこに埋葬してもらいました。

自分も一応入る予定です。

地域による終活支援の取り組みについての記事もありました。

鎌倉新書発行の月刊誌なので、フォーカスが当たった感は否めませんが。

しかし、啓発的な活動は個人的にも重要ではないかと考えています。

株式会社 鎌倉新書 月刊終活 2023年6月号より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

  1. 「遺言相続の落とし穴【改訂版】」に関すること
  2. 【2024年8月24日開催】無料講座を行います
  3. 弊所サービスの流れ 2023年8月版
  4. 「終活支援サービス」に関すること
ページ上部へ戻る